読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素催眠反対過激派

催眠ゲンガーTUEEEE!

【ポケモンSM】フーゲン杯使用構築

三月いっぱいを使ってTwitterフーディンゲンガー杯(フーゲン杯)という大会が行われました。
フーディン派とゲンガー派に分かれて対戦する大会で(詳しくは主催者のブログ参照)、自分はゲンガー側で参加してきました。
縛りがある大会なので、ピンポイントメタとかもある構築なのですが、主催者の意図どおりにフーディンが流行ったときのために、書いておこうと思います。(そんな未来は来ない)

並び:
ゲンガー/ランドロス/カプ・ブルル/カプ・テテフ/バシャーモ/ベトベトン

ゲンガーは絶対入れる&絶対選出なので採用。フーディン軸には受け思考で、ゲンガー軸にはテテフやバシャを通すイメージ。

個別紹介:
ゲンガー@メガ石 臆病
努力値 H252C4S252
シャドーボール/ヘドロ爆弾/気合玉/道づれ
普通のHSメガゲン。ミラーに勝つためシャドボ、妖を狩るためのヘド爆、フーディンの裏にいる悪に打つ気合玉、最低限1:1とるための道づれ。
HDにすると臆病フーディンのサイキネや同ゲンガーのシャドボを耐えるので考えたが、控えめCSメガフーディンも考えられる大会だったので、フーディンからは素直に引くべきと思いHS。

ランドロス@突撃チョッキ 意地っぱり
努力値 H212 A100 B36 D28 S132
s 最速 70抜き抜き
A 地震でB4ガブ確定2
HD 特化ニンフハイボ2耐え
フーディンのアンコをかわしつつサイクルを回すために採用。ゲンガーにも強い。スカーフでないのは金縛りに弱いから。
調整が六世代の流用なので変えるべきだと思うが、どこも変えにくい。

カプ・ブルル@食べ残し 意地っぱり
自然のいかり/ウッドホーン/馬鹿力/守る
努力値 H252 A252 S4
ゲンガーと相性良さそう(小並感)と思い採用。
フーディンの裏から出てくるマリルリのストッパー。いかりはゲンガーの火力補助。耐久を削らずにマリルリや地面を狩りたかったのでウドホン。範囲を取るための馬鹿力。守るは残飯ウドハンで対面性能を上げたり様子見に使おうと思っていた。
正直微妙であり自分で書いてて意味がわからない。

カプ・テテフ@こだわりスカーフ 控えめ
サイコキネシス/ムーンフォース/気合玉/10万ボルト
努力値:C252 D4 S252
マリルリやキザンの先生技を止めるために採用。
サイキネムンフォは火力を出すために必要。気合玉は鋼に打ち負けないように必要。カグヤピンポの10万。
火力は凄いが、技の選択(搭載時点で)がとても難しかった。10万ではなくシャドボのほうがよかった。

ベトベトン@達人の帯 意地っぱり
努力値:H252A252D4
叩き落とす/毒づき/瓦割り/影うち
ゲンガーフーディン絶対選出ならぶっ刺さるので採用。
負担のかけられる叩き、フェアリーへの打点に毒づき、鋼や悪に打つ瓦割り、対面性能を上げるための影うち。
遺伝の関係で追い打ち個体が用意できなかった。
無駄に色理想個体( 学校の補習サボって厳選してたら産まれた)。

バシャーモ@気合のタスキ 意地っぱり
飛び膝蹴り/フレアドライブ/雷パンチ/守る
努力値:H4A252S252
主にゲンガー軸に出すエース。マリルリへの打点に雷パンチ。
相手の鋼を牽制する役割。


まとめ:
見直すと今一つ構築が練りきれなかったという感じ。ただ本番は構築というより戦略というか、プレイングで負けていたのでポケモンの型云々というより使いこなせなかったのが悔やまれた。


大会感想:
大人数でグループDM作って考察とか新鮮で楽しかったです。
新しく繋りも増えたので主催者さんには本当に感謝です。すぱしーば。
そして優勝されたラン・キングさんおめでとうございます!準優勝のわりばしさんもお疲れ様でした!


とまぁ、色々書いてきましたが、自分はトーナメントは初戦敗退したんですけどね・・・(叙述トリック)


閲覧ありがとうございました。
Twitter➡ @MEGA_Big_Bo

【ポケモンSMシングルレートS2】ガルガブガルド【1900台】

始めまして。今回から自分のメモも兼ねてブログにレートで使用した構築を書いていこうと思います。

今回の記事の構築はS2で1900を達成したパーティになります。


並び:
ガルーラ /ガブリアス /ギルガルド
スイクン /カプ・コケコ /テッカグヤ (入った順)

ガルガブガルドと、所謂対面性能が高いポケモンで数のアドバンテージを稼ぎ勝利を掴もうとしたパーティ。
軸の三体+補完三体という感じで、下三体は受けル、壁などに出す目的であり対面性能は少し低い。

個別紹介:

ガルーラ@メガ石 意地っぱり
猫だまし/捨て身タックル/地震/冷凍パンチ
努力値:H84 A196 S228
H-B 陽気252ガルーラの猫捨て身耐え
S 準速ミミッキュ抜き

パーティに物理受けがいないので、ガルーラに負けないガルーラを目指した。数も多くないし、活きることは少なかったが、ASに振りきるよりも耐える範囲が広がるので使い勝手は良かった。
弱体化はしたが、未だに高火力+タスキ貫通は対応範囲が広い。
猫捨て身を受けられるポケモンが増えたため、6世代よりは動きづらかったが、それでも対面性能は高いと思う。
冷パンはガブに負けないためと、マンダの起点にならないため。補完に地震(無いとゲンガー、ミミッキュ、ドランに勝てない)。
最速ガルーラに様子見、ガルド読みの地震から入られるときつい。

ガブリアス@スカーフ 意地っぱり
逆鱗/地震/炎の牙/岩雪崩
努力値:A252 D4 S252

普通のスカガブ。ガルガルドその他で削ったあとに全抜きする。
スカーフの理由は、タスキガブとはどちらにしろ相打ち、コケコやマンダを上から叩ける、岩雪崩でワンチャン狙える等。
汎用性は高いが、拘ってるガブの一貫は取りにくいので使いにくかった。

ギルガルド@タスキ うっかりや
シャドーボール/ラスターカノン/影うち/めざ氷
努力値:A4 C252 S252
範囲の広さからストッパーの役割も果たせる対面性能の鬼。初手ランド対面で相手は地震以外打たないのでめざ氷を打って飛ばすのは爽快。
ガルーラが数を減らしたことにより一層動きやすかった。
聖剣は入れてもガルーラを倒せず、オニゴーリは入ってても三割で負けるので切った。
バンギラスがラスカノでだいたい二発なのでバンドリュにぶっ刺さる。

スイクン@食べ残し 図太い
熱湯/瞑想/身代わり/守る
努力値:H236 B116 S156
H 身代わりが4回張れる
S 準速70族抜き抜き抜き
B 余り
ガルガブを受けに来たポケモンを起点にする。バナ等のスイクンを見るポケモンも起点にできる。
70族周辺を調整先にしてきそうなポケモンの上を取るためにSに割いた。
このHBではA4振りナットのパワウィを1/16でしか耐えないが、パワウィはPPを枯らしたり外しもあるので別に気にならない。むしろナットはタネガン以外なら起点。
カプ系は先に瞑想を積むか、フィールドを張り替えておく必要がある。役割対称ではない。
HB調整ではあるが、バシャの膝を二耐えしない、ガルガブマンダ等に勝てないので、あくまでも耐久ポケモン対策ということを念頭に置いておく必要がある。
ノイクンは全く読まれなかったので、出せる場合が多く、使いやすかったと思う。
臆病でないのは、B振りにすると火傷込みで相手の攻撃を身代わりが耐えたりするから。
Hに252振って天候ダメ最少にしてもいいかもしれないが、ノイクンの微調整は難しい。好み。

カプ・コケコ@電気Z 臆病
10万ボルト/マジカルシャイン/めざ地/挑発
努力値:H4C252S252
最初は化身ボルトだったが、キュウコン、テテフに不利なことから変更。
電気Zはボーマンダ、ガルーラ辺りを飛ばせるので採用。
めざ地は打つことはほとんどなかったが、ジバコウツロガラガラ辺りを削れるので一応。
挑発はキュウコンの上から打つ。その他ステロ等もヤンキー居座りして打つこともあった。
フィールドの張り替えも仕事。
ガブリアスには基本勝てないのであまり出さない。

テッカグヤ@イアのみ 冷静
火炎放射/ヘビーボンバー/めざ氷/地震
努力値:H252A4C252
地面の一貫を切るために採用。テテフやブルルなどに後出しできるパーティ中唯一のポケモン
Aに下降補正をかけるとテテフがヘビボンで落ちないので、Sを下げた。D特化してテテフの10万を素で二耐えできるようにしても良かったと思う。
ナットやバシャのときもあったが地面の一貫切るのは重要だった。
個体を貸してくれた友人に感謝。

立ち回り:
環境に多いパーティとかはまだまちまちなのでざっくり。

基本的に1:1を取れるように選出する。
後だし性能がほとんどないので、初手が一番重要であり、出し勝てばそのまま勝てる場合が多い。
ガルガブガルドに崩し性能(受けを倒せる?)はないので、ガルで誘ってスイクンを通す勝ち方が一番多かったと思う。

壁展開、ドヒドイデ入り受けル辺りがきついが、数的に切っていた。しかし受けルが増え、連敗して解散した。
来季は2000に乗りたい。

質問やアドバイス等あったらTwitterかコメントにお願いします。➡@MEGA_Big_Bo

閲覧ありがとうございました。